2017年05月31日

田中謹也の視快研体験談で視力回復効果を検証

アイトレーニング 視快研
視力田中01.png
パソコンを使ったデスクワークが長時間続く人でも、
メガネ、コンタクトレンズの必要のない快適な生活を送る方法がこちら。



あなたも、視力低下だけではなくこんな悩みをお持ちではないでしょうか。



■眼科で目薬をさしても、全く視力が改善しなかった

■目が充血しやすい

■目がかすんだり、文字がダブって見えたりすることがある

■本を読むとき、行を飛ばして読むことが多い



思い当たるものがあるならば、あなたも視力が低下する原因について間違った常識が身についている可能性があります。


たとえば、眼科で出された目薬を毎晩さしても、視力が回復することはないんです。


6年間で987人の子供の視力を0.8以上に回復することに成功させたアイトレーニングの田中謹也さんによれば、

眼科は結膜炎など眼の病気を治すところで、視力を回復する知識や技術というのは全くないそうです。


現に、視力が低下した人には、「眼鏡をかけてください」という処方をもらうだけで、それ以上は何も進展はありません。


田中謹也さんのアイトレーニングでは、1日13分のトレーニングを2か月続けることで、視力回復の効果があり、

さらに、視力を低下しにくくさせることができます。



視力田中e.jpg
田中さんのお店でのトレーニング風景です



具体的にどんな内容のトレーニングかというのは、こちらに詳しい説明がありますので、

その中の一部を抜粋すると



■シンプルで 簡単にできる 効果実証済みの 4つのトレーニング法

■視力アップのプロが明かす… 本当に 効果のある 視力回復グッズ

■たった30秒! 眼にうるおいを与える 今すぐできる アイストレッチ

■日常生活における 視力低下を起こさないための 注意事項29



こういったことを実践していくのですが、基本的には、“ ヒモ と ビーズ ”を使ったゲーム感覚のトレーニングを楽しく続けるだけです。


手術の必要もないし、薬もつかわない方法なのに、視力が回復したという体験談が、数多く寄せられています。
体験談は、ほーむぺーじにまとめて掲載されています。
視力田中04.png

あなたも、田中謹也さんのアイトレーニングで今度こそ視力回復を成功させて、

↓のような結果を手に入れてください。



■裸眼で生活できる

■レーシックのような手術をうける必要がなくなる

■これ以上視力が下がったら、、という不安から解放される

■一番後ろの席から黒板がはっきり見える



視力田中03.png
田中謹也さんの視力回復法を、180日間無料で試してみるにはこちら








田中謹也 アイトレーニング
行政書士坂庭つとむ
犬のしつけ遠藤和博
posted by 田中 at 14:52| こどものアイトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリーを食べるより田中謹也のアイトレーニングをしよう

ブルーベリーを食べると視力回復に効く、という話をあなたも耳にしたことがあるんじゃないかと思います。一時期はひっきりなしにブルーベリーサプリメントのCMが流れていたこともありますよね。

ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの一種がたくさん含まれています。ブルーベリーの汁が服につくとなかなか取れないのは、アントシアニンの色素成分の影響です。
私たちが何かものを見るときには、目に入った光信号を電気信号に変えています。電気信号は視神経を伝わって脳に送られ、脳で映像が解釈される仕組みとなっています。

アントシアニンは、光を電気に変える際に使われるという重要な役割を担っていて、アントシアニンがなければ、目が見えなくなってしまうわけです。
長い時間、勉強を続けたりデスクワークをしていると、目がしょぼしょぼとぼやけることがありますが、これは目を酷使したせいでアントシアニンが大量に消費されてしまったからです。

アントシアニンの良いところは、サプリメントなどで補うと短時間で効果が現れること。飲むと割とすぐに視界がクリアーになるのを実感できます。


アントシアニンはモノを見るためには欠かせない成分ではありますが、慢性的な視力低下の場合には、アントシアニン不足はほとんどかかわっていないと考えられます。
光を目の中に正確に取り込むことができていないのが、慢性的な視力低下の原因です。つまり、眼筋の機能が正常ではなくなっていることが視力低下の根本的な要因です。

ブルーベリーをいくら飲んだところで、視力回復する期待値はゼロに近いものがあります。田中謹也のアイトレーニングで眼筋に対して直接的に刺激を加えていくべきです。
1日立った10分ちょっとの時間があれば良いので、どんなに忙しくても田中謹也のアイトレーニングを実践することはできますね。


posted by 田中 at 11:34| こどものアイトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

田中謹也 アイトレーニングはレーシックより安全

視力を速攻で揚げるには、レーシックをする方法もあります。目の角膜をレーザーで薄く削ることによって、ピント調節機能を無理やり調整します。
手術も10分もかかることはないし、手術を受けた後、すぐに視力アップを実感することができるので、一時期は非常に人気がありましたよね。

ただ人気が集まると同時に、レーシック手術を受けた人たちから、ひどいドライアイなどの副作用に悩まされるケースも目立つようになりました。
結局は、手術を受ける日に、目を酷使していたなど、自分に問題があるケースが多いものの、いずれにしても、事故が起きてからでは手遅れです。目を取り換えることはで来ません。

田中謹也のアイトレーニングはその点、やり直しがきかないレーシックとは違い、何度でも再現可能です。人間が本来持っている見る力を根本的に改善してくれます。
1日に必要な時間も10分もあればOK。身体に大した負担をかけることはないし、始めたばかりのころに軽い疲労感を覚える手軽さで、視力を高めることができますよ。


posted by 田中 at 14:30| こどものアイトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする